2010-02-19

海外生活密着知識-医療編 其の2-

昨日のBlogでつぶやいてみましたが…

せっかくGPへの登録も済んで、国民健康保険の恩恵が受けられるのだから…ということで、

子宮ガンの検査へ行ってきました。

子宮ガンの検診というと、子宮頸部細胞診子宮体部細胞診と2種類あるそうですが、kojisatoが今回受けたのは子宮頸部細胞診の方でした。

この検診で癌を含めた何らかの異常を発見出来る可能性は90%。kojisatoの知る限り、ドイツとイギリスでは18歳以降の女性へ3年に1回を目安に検診を薦めています

サラリと説明すると…膣の中に顔だす子宮の出口から細胞を擦り取り、顕微鏡で検査をするのです。

なんだかエグイ場面を想像してしまうかもしれないけど、プラスチック状のブラシでシャカシャカ軽く擦ったらお終い。

GPというのも色々評判があるらしく、良いGP悪いGPがあるらしいけど、kojisato&Pa-pandaがお世話になっているところは比較的対応も早くて、説明も親切:)風邪を引いて診察に行ったPa-pandaが予約した時間より30分待たされた!と文句言っていたけど、ドイツの産婦人科なんて普通に2~3時間位待たせるのだから、医者に待たされることに感覚が鈍っているkojisatoとしては、一般開業医でこんな検査までしてくれて便利だね~。なんてノンキに言いたいところ。

話は戻って、子宮ガン検査へ。

今回の検査の目的は、「自覚症状のないうちから、微小の細胞レベルで、対応できるごく初期の段階から癌を発見しましょう」という趣旨のものなので、検査を怖がらず、そして面倒くさがらずに是非!とお勧めします。kojisatoの結果は、6週間以内。長いなぁ~。今日検査したことも忘れてしまいそう。6週間後って、4月じゃん!

妊娠してからの発覚や、いざ妊娠したいと思ったときの発覚というのは、やっぱり女性として一番辛いことだと思います。そういう計画がある方は、是非、自分の体が二人になる前に:)

kojisatoが前回、今回と2度に渡ってお世話になった看護士さん。とっても癒し系。全てを丁寧に分かりやすく説明してくれるし、kojisatoもとても話しやすい。ああいう人って憧れるなぁ~。実はもう一つ気になる症状があるので(泣)、来週の金曜日もGPへ。今日は歯医者に定期健診の予約も入れたし、こうやって医療システムを少しずつ体験することも、異国の地で生活に根を張ることの一つなんだろうなぁ~と思ったのでした。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
今日もご訪問、だんけっけ!
ブログランキングに参加しています。ポチっと押していただけると励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログへヨーロッパ在住の日本人によるブログ
今日もHappyな一日になりますように!
kojiczuk (kojisato & Pa-panda)

8 Comment:

バッターボックス さんのコメント...

なんだか面倒だし、ドイツ語分かるかなぁって不安もあって、これまでドイツでは片手で余るほどしか病院にも行ったことないけど、そろそろ、そういう検診とかもしておいた方がいいよなぁと最近真剣に考えています。
来月一時帰国するから、そのときにいろいろしてもいいとは思うんだけど、せっかく高い健康保険料払ってるから、ドイツでやったほうがお得かしら・・と思ったり(笑)
健康第一でお互い頑張りましょう♪

kojisato さんのコメント...

バッターボックスさん>って、HNで誰かと思ったけど…。
M豆さんですよね?(笑)
そうそう、ドイツの保険は高いけど、それなりに恩恵は
受けておいたほうが!
もしあまり医者のお世話になっていないなら、私の知る限り、
AOKとTKではお金が戻ってくるよ!
婦人系の病気は、やっぱり女性として遅すぎて後悔するより
出来る限りのことはしておいた方が良い。というのが
私の意見。
やっぱり、いつか自分の子がほしくなった時とかね。
ミツポンもそんな日がそう遠くないかもよ。
あと一ヶ月で一時帰国かぁ~。
お花見できるかな?楽しんでね。今年は坂本竜馬ブームで
高知が熱いよ(笑)

みつまめ さんのコメント...

バッターボックスなんて名前つけたことすら忘却の彼方だったから、そのあと、訂正しました。もう大丈夫(笑)
AOKでお金が返ってくるのは知ってたけど、TKでも同じようなシステムがあるなんて知らんかった・・・。私きっとかなり返ってきてたろうに。多分そのプログラムの申し込みしないといけなかったんだよね。残念!
今からでもまた調べてみます。

一時帰国は実はもう10日後に迫ってまいりました。14か月ぶりという私としては最長記録で、楽しみ半分、恐怖(憂鬱?)半分。
わが故郷はきっと行く先行く先龍馬さんでしょう(笑)

poane さんのコメント...

いやこれはホントに私も今すぐに検査してほしいことNO.1です。今までに1回も行ったことないですから。今年はちょっと健康に配慮した1年にしたいなと密かに思っているので、記事を拝見して新たに「行こ!」と決心しました。

kojisato さんのコメント...

みつぽん>みつぽんが1年以上も日本に帰っていないって
すごいね!
なんか私より頻繁に帰っていたイメージがあったけど。
でも、1年越えると今度は「帰りたい!」っていう気持ちが
鈍らない?
いずれにせよ、帰れば帰ればで良い刺激があると思うよ。
坂本竜馬ブームもだけど、福山雅治も:)
私たちの分まで和食を満喫してきてね:)

kojisato さんのコメント...

poaneさん>そうよぉ~。今回のブログを機に少しでも
多くの人が検診に行って欲しいなあ~と思います。
一瞬の恥じらいで、大きな安心感が与えられるのだと
思えばチョロイもんだよ(笑)

wendy さんのコメント...

「検診」かぁ~...。
実は、一度も受けたことがないのよね。
だから、フランスでの手続きが済み次第、検診を受けたいと思った日記でした。
ありがとう。

でも、説明を受けても何もわからない私の言語力。
どうしたものか。
日本語が話せるお医者様なんてパリじゃなきゃいなさそうだけど。
kojisatoさんが書いているように異国の地に根を張るっていうことでは、重要なことなのよね。
お互いに健康第一でがんばろうね。

kojisato さんのコメント...

wendyさん>お互い新婚さん&外国暮らしとして、いざ妊娠でも
した時に言葉がチンプンカンプンでノイローゼになるより、
少しずつ病院慣れしておいたほうが、とっつきやすいですよね:)
検診前に、自分が気になること、調べて欲しいことをメモして
いくことをお勧め。
あとはプロだから、まな板の上のコイって感じで(笑)
医者や看護士には、患者にちゃんと説明する義務があるんです(元同居人医学生のうけうり)。
だから、分からなければ質問すれば易しく説明してくれると
思いますよ。
頑張って、診療所の扉を開けてみましょう!