2008-09-23

夜中にしてはならぬこと…

ドイツのテレビは深夜に良いドイツ映画を放映することが多い(しかも、CMなしのノーカット)。

「良いドイツ映画」というのがクセもので、ハリウッドのような単純明快ではなく、まさに

「複雑陰鬱」

オリジナルタイトルは"Elementarteilchen"(2006)
邦題は「素描子」。

主演のモーリッツ・ブライプトロイは、他有名ドイツ映画に多々出演しているから知っている人も多いと思う。狂った役が上手な彼ですが、今回もニヤリ具合が怖いです。怖いというのは、その人間の「狂気」な部分。

かいつまんで、その内容は…

両親から育てることを放棄された異父兄弟の話なのだけど…(かいつまみすぎ?笑)

とにかく歪んでる。

現代社会と現実にドイツが抱えている社会問題も背景にした、全体的にトーンの暗い作品。

もちろん、後味も悪い。

近代映画に始まったことではなく、基本的にドイツで巨匠と呼ばれる人たちの映画だけにとどまらず、文学作品も基本「主人公が歪んでいて、後味が悪い」

でも、その後味の悪さに魅了されてしまうkojisato。パンドラの箱を開けてしまう感じだろうか。

明日は絶対に早起きしなきゃいけないのに…(泣)

TVは続けて、新たに気になるドイツ映画を放映。どうやらベルリン映画祭出品作品を立て続けに放送しているみたい。気になる…

さすがに、深夜3時近くまでズドーーーーンと1人でどん底まで引き落とされたら、朝気分良く起きれなさそうなので、今日はこれにて。夜中に「良いドイツ映画」はお薦めしません。

では、おやすみなさい。

7 Comment:

Lulumum さんのコメント...

ほほお。
わたすは「ビヨンド サイレンス」が秀逸だったと思いましたが、そういえばあれも登場人物がみんな歪んでいたな。でも、聴覚障害者家族の話だったので、まあ、健全な(?)歪み方だったです。

あと、なんだっけ、あの健常者を狂気にしちゃう実験の映画があったでしょ?うーん、なんだっけ??
あれは、怖すぎて途中から棄権しました。

この冬には「朗読者」が公開されるそうですね。ケイトウィンスレットって、あの役にはまるのだろうか、と興味津々です。でもDVDで良いかなあ。

Lulumum さんのコメント...

ぎゃっ、上のコメント、なぜかlulumumになってしまいましたが、私はゆりぽんです!

kojisato さんのコメント...

ゆりぽん(lulumum)さん>lulumum、芸名ですかぁ(笑)
実験の映画は、オリジナルタイトルで"Das Experiment"、邦題は"es(エス)”でしたね。
あの実験、社会心理学の授業で実際の
ビデオとか見ました。
人間、恐ろしや~。また、その恐ろしい部分が、自分にないとも言えないのが
さらに「恐ろしい」。(あれ、そう思うの
は私だけ???)
「朗読者」の原作を昔日本の大学時代
翻訳するゼミがありました。
先生がとてもユニークな人で、
ストッキングを脱ぐシーン(分かります?)
に、3週間かかりました。あと螺旋階段とレノニウムについての詳しい描写とか。
あれも、歪んでますね。
ケイトウィンスレットは、タイタニックの
「お嬢様」イメージが強くて、あの
強豪そうな女性(私の予想)は是非
骨格の太いドイツ女性に演じて
欲しいですね。
ドイツ人のエロティックって、ちょっと
フェチっぽいんですよ(爆)

Pupu さんのコメント...

この映画、宣伝のポスターはよく見ていたのに、内容を全く知りませんでした。そうか、そういう深い内容だったんですね。
Kojisatoさんの解説を読んで私も「Es」をちょっと思い起こしました。あの映画、渋谷の8階にある映画館で見たんですが、最後混んでてエレベータに乗れなくって階段で帰る時に、恐怖で膝が震えて下りるのにえらい苦労しました。

kojisato さんのコメント...

pupuさん>”es"+渋谷+映画館+エレベーター…
ひょっとしたら、私もpupuさんが観た
映画館で"es"を見たかもしれません。
さらに、同じ日だったりとかして!!!
私も渋谷の映画館で見て、エレベーターが
ギュウギュウだった記憶が…
もしそうだったらスゴイですね。
ドイツ映画は、複雑すぎる。ドイツ人みたいです(笑)

Erdbeer さんのコメント...

どうも^^
風邪から復帰です♪ ご心配おかけしました(かけてない?)。今頃、お掃除でバタバタしている最中ですね。遠距離だと久々に会うのが楽しいですね…ふふ

「複雑陰鬱」で、大爆笑です!そうなんですよね~ドイツ映画って。フランス映画はもっとそうですけど…そんなヨーロッパ映画が大好きです(笑)。
この映画、昨日南でもやってましたよ!付けたらもう1時間経った後だったんで、ちゃんと見ませんでした(入っていけなくてw)。

ブライブトロイが好きなら、「Agnes & seine Brüder」見てください。なぜseineなのかが映画で分かります。歪んでますよ♪

kojisato さんのコメント...

erdbeerさん>いえいえ、心配しましたよ。
なんか、たかがBlogされどBlog。
日々の変化を傍観させてもらいながら、
快復に向う姿にホッとしていました。
"Agnes & seine Brueder"多分見たかな?
これまた深夜に。
でも、途中で寝てしまった記憶が。
またチェックしてみますね。