2009-01-17

アジア人がオペラに立つと...

アジア人顔、俗に言う「醤油顔」

目鼻立ちのはっきりした欧米人と比較して、舞台晴れがしないんじゃないの~???

なんて、思うでしょ?

いやいやいや!

アジア人がオペラに立つと、マダムになります。

妖艶といった方がいいかな?はっきりしない部分が、余計に秘密めいたものを醸し出して、

もっと知りたい。もっとお近づきになりたい!

って、イメージは「蝶々夫人」!?

今日は、モニママとオペラ"Carmen"に行ってきました。

実はコレが、クリスマスに隠ぺい工作して贈られた、モニママへのクリスマスプレゼント:)

モニママが、ずっーーーーーーっと「行きたい、行きたい」と言っていた演目なのです。

kojisatoにとっては、Carmen3回目。

実はロストックの劇場、経営面で難しい部分があって(って、イマドキどこもそうですね)、突然の演出家交代!

新たに招かれたアメリカ人演出家。

Carmenの公開近く、前の演出家が用意した演出(舞台装置)を使うことも許可されず...

斬新にも、今日の舞台には舞台装置なし!

いつもはオーケストラBoxにいるオーケストラの楽員さん一同が、舞台の上で一枚の透ける幕を隔てて丸見え!

そして、町の背景やオペラならではの豪華な装飾なしに臨場感溢れるお芝居が、まさに役者の腕どころによって演じられました。

カルメン...といえば、自由奔放な女性の代名詞!

今でいう「悪女」それとも「小悪魔」

そんな彼女に奔走される、ホセ。

まあ、酷い女の話ですわぁ~...なんて言ったらそれまでだけど、自分の美貌に自信のある勝気な彼女。ジプシー出身だけど、プライドが高い!ツンとすました感じが、ますます男心をくすぐるんでしょうね。

そんな女に振り回されるホセも、愚かな男じゃのぉ~とも言えるけど、こんな展開...初演の1875年から1世紀半近くが過ぎているのに、いまだにあり得る感じ。

すったもんだの末に、カルメンがホセからもらった指輪を投げ捨てて

「あんたなんか、もう愛してないから!」

という一場面。昔仲良かった友達が、「彼氏と別れるときに高価なティファニーの指輪を芝に投げ捨ててやった!」という武勇伝を披露していたのを思い出しました。彼女も、ちょっぴりカルメンタイプ。

その後、その国を離れた彼女だけど、いやはや良かったねぇ~。逆上して殺されていたかもよ。

ストーリーは単純明快。音楽も、絶対に聴いたことあるものばかり。

実は準主役。ホセの許婚ミカエラがアジア人の風貌。とても、魅惑的でした。

それから、友達のミツポンもコーラスとして参加。舞台の上にいる彼女は、役者でしたね~。

準主役のミカエラよりも、いつも普通に仲良くお茶飲んだりしていり友達の色気にkojisatoはすっかり圧倒されてしまいました。

余談だけど、髪をアップするのはいいかもね。

いつもストレートな髪を上げているミツポンを見て、思いました。

エレガントになる:)

結婚式は、やっぱりアップに決定!

それから、カルメンの衣装。胸がものすごぉ~く大きく見えるのですが(実際にも大きいと思うけど)、あんな感じで胸上げまでしちゃおうかしら♪

と、全く関係ないことまで妄想していました。

カルメン、日本でも頻繁に公演されます。こういった恋愛事情は、世界共通なのね。

もう少し詳しい情報は、こちらを参考まで...カルメンfrom Wikipedia
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

3 Comment:

Erdbeer さんのコメント...

ども^^

カルメン、懐かしいです~!いいですね!
あれはオペラの王道…一度は観るべきですよね?私はミュンヘンの劇場で見たので、ちょっとハイソ過ぎる雰囲気が苦手(←場違い?)でしたが、今思えばそれも良い思い出です^^。

胸上げ、是非是非^^♪
コルセットなんかでセクシーにくびれも(笑)。最近は日本でも胸元を強調した女優さんが普通にドラマに出ているので、ビックリしましたね。

kojisato さんのコメント...

Erdbeerさん>ミュンヘンの劇場はやっぱり
ハイソですか?
ワルシャワもベルリンも豪華だったけど、
ロストックは戦火で旧劇場(ドレスデン
に対抗するくらい豪華だった)が
瓦礫となり...
「とりあえず」のつもりで、DDR時代に
立てられたものが、予算の関係で
現存。
ちょっと微妙。
でも、昨日のカルメンは結構オシャレな
人多かったですね。
時々、「学生~」って感じのいでたち
を見ることがあるけど、今日は
皆さん、綺麗にしていました(笑)
日本でも、ボインブームですね~。
でも、あの迫力のあるいでたちだから
似合うっていう、ボインもありますよね~。

Erdbeer さんのコメント...

>ミュンヘンの劇場はやっぱり
ハイソですか?
そうですね~ミュンヘンはドイツ一?
家賃も高いらしいので、ハイソな
おばさまが多かったです。
ミュンヒナー=arrogantとよく言われる
ようですが、結構そういう人多いです><
(あ、でも外人慣れしていてジロジロ
見られませんよ)