2008-11-03

霧のむこうのふしぎな町

柏葉幸子作の「霧のむこうのふしぎな町」という本をご存知ですか?

kojisatoが小学校の時にお気に入りで何度も読み返した作品。

主人公のリナが風に飛ばされた傘に誘われるように踏み入れた「霧の谷」。ちょっと思い返してみると、kojisatoは無意識にアノ頃からヨーロッパの町並みに憧れていたのかもしれない。

どっかにある不思議な町、真剣にそんな町に行きたいと思ったもんなぁ~。

そんな、むか~し×2に読んだ本を思い起こさせるようなドイツの秋の朝靄(あさもや)。

連日天候に恵まれ、日中22度ちかくあった日本から平均5度のドイツへ。

「黄金の秋」と、黄葉(こうよう)と青空のコントラストを楽しんでいた2週間前とは一転。落ちた落ち葉は、しっとり濡れて自転車移動のkojisatoをヒヤヒヤさせます。

そして、白濁色の空。

朝晩は、前方1mも見えないほどの濃い霧です。

一昨日乗ったタクシーの運転手さん(ちょうどトロピカルな楽園からの休暇帰り)が言った;

「11月ってのは、一番嫌いだね!どんどん暗くなるわ、寒くなるわ…大した楽しみもないし」

(-_-) まぁね…

でも、11月はkojisatoの誕生月。誕生日が近づくと、ちょっとウキウキしてきます(まだ歳捕るのは楽しい)

心機一転、大学の1間目の講義の傍ら新しいプランを立ててみました(爆)。

「来年のことを言うと鬼が笑う」というけど、再来年のことまで言ったらどうだろう????

2010年初春までの計画をおおまかに立てて、ニヤニヤ。

霧のむこうのふしぎな町に暮らすkojisatoは、今月も個性的で愛しい仲間と一緒に色々と楽しみにしていることがあるのです。11月も12月も、2008年もあっという間に終わりそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へあなたも不思議な世界へ?さあ、ポチッと!

2 Comment:

Erdbeer さんのコメント...

お帰りなさい^^

霧…霧の中、散歩に行くと、モイスチャー
効果?で好きです。

ちょっと今日はバタバタしているので、
愚痴のあたり?をちょこっと読んだだけ
なのですが、また明日ゆっくり読みますね♪
2割のワガママおやじ…想像できます。
それもドイツ人だから、グチグチ×2
文句を言っていたのでしょうね~(苦笑)
お~嫌だ(笑)!!一人いますよ…
自分はフォークでお寿司を食べるのに、
日本人がラーメンをすすって食べるのを
いつまでも馬鹿にしている人?!

とりあえず、お疲れ様でした。ゆっくり
休養して下さい^^!また明日~!

PS)2010年初春と聞いた瞬間、ちょっと
焦りを感じました。

kojisato さんのコメント...

erdbeerさん>ただいま:)

本当、霧の中はマイナスイオンが多そう
ですよね。効果あるかな???

まあ、今思えば(遅!)本人たちにも
悪気がなく、「素」でそうだったのだから
私もまだまだドイツ人が解ってないと
実感しました。
2割の方は、男性+女性でどちらも中年
だったのですが、まあドイツ人同士でも
なかなか難しい人だったので、今後も
被害者は多いかな。
「ドイツ人は!」と愚痴ってしまいましたが、
まあ、国籍問わずイヤな人はいるので
ご了承あれ。
2010年までの計画、本当におおまかですよ。
自分がドコにいるのかな?という感じ
だけです。
まだまだ未定な部分は一杯!