2009-03-26

また別れ-片思いに疲れた夜-

日本では、卒業&入学。別れと出会いの季節ですね。

そして、サクラも開花しているのでは???

すっかり冬に逆戻りしてしまったロストック。実は寮の入り口に、なかなか見ごたえのあるサクラの木があるのです。大分大きくなってきた固いツボミが、ますますその口を閉じてしまったようで...

こっちでは、サクラの季節は5月頃から。まだまだ、北ドイツからのサクラ便りは出せないですね。

1年間、ロストックで暮らしていたK山一家がついにロストックを離れます。

3歳と1歳半の可愛いM&M姉妹。この子たちを中心に、「ご飯会」が何度か行われて、長女のミノリちゃんとはカルタで遊んだり、お話を読んであげたり...

子どものいる賑やかさが当たり前なメンバーだったので、「ご飯会」のレギュラーF夫妻、Dr.DDRとkojisatoで集まったとしても、しばらくは「大人だけ」の環境が寂しいかもですね。

昨日は。幼稚園から幼稚園へ。

ミノリちゃんを幼稚園にお迎えに行って、一緒に遊んで...

荷造りに頑張るマミィーのもとへ戻ったら、いつものごとく「トトロ」を見て、「ぽにょ」を歌って...

家具付きのアパートに暮らしていたK山一家。だから、土曜日にロストックを発つのも、そんな雰囲気は感じられません。

来週の今頃、マミィーとM&M姉妹はマミィーの実家マレーシア。ダディーのJさんは、4月1日からお仕事。

一年間、時間を共有していたのがウソみたいにそれぞれの人生です。

なんか、ホロリときちゃうね~。

ロストックに長く暮らして、見送った人の数も年数に比例して増えてきました。このK山一家とは、是非とも末永く縁をたもちたいものです。

「置いてかれる...」と言ったら後ろ向きかもしれないけど、やはりこの町は「非日常」の空間で、「現実」に戻れば連絡も絶え絶え...kojisatoからの一方的な片思いな人もたくさんいます。

寂しいんですよ。実は。

「kojisatoは、形にならない気持ちもキャッチしてくれてるって信じているから細くても長く繋がっていられる友達なの。」

とか、

「kojisatoって、ずっと音沙汰無くても再会すればまた昔のように違和感なく話せる感じ。」

とか言われるけど...気持ちって、見えないよ。

メールでも手紙でも...kojisatoだって片思いじゃなくて、ちゃんと繋がっている確信をもとに「交流」したい。

そう思うのってワガママなのかな?

人と別れる、離れることが多く、そのまま相手から音沙汰もなくなることも多し。

片思いに疲れたkojisatoは、一頃に比べて「人との繋がり」に期待できなくなった。

人は見返りを求めて、何かをあげてはならぬ。

とはいうけど、戻ってこない投げたボールに時々ものすごく虚しさを感じるのです。

そんな、ちょっとセンチメンタルな夜。別れの後は、なかなか寝付けず幼稚園の宿題に深夜まで没頭。

いろいろ考えたけど、結局お節介なkojisatoは今後もどんどん見返りを考えずに誰かのために一生懸命になってしまうのだと思う。

こうやって寝れない時間を紛らせてくれたお絵かき(上)だって、kojisatoに何かを返しているよね?

今日、一夜で完成させたイラストを子どもたちが心から褒めてくれました:)

ほんの少しでいいの、誰か認めて!

そんな気持ちを埋めてもらった感じで、嬉しかったです。

もっと心の広い人になりたいなぁ~。

6 Comment:

ちびこま さんのコメント...

イラストかわいー。
なんかね、その気持ちすごくわかるよ~。
何もかもがそのままで、大切なヒトがいなくなったところにぽっかり穴があいちゃうのよね。
そうすると昔の仲良かった友達からほとんど連絡がないのが急に寂しくなっちゃう。
kojisatoちゃん、他の人たちにやさしいように自分もたくさん可愛がってあげてネ。
そういう時ワタシは好きな物の大食いに走るの。。。
(↑自分を可愛がってるつもり)

zermoduz さんのコメント...

ああ、その気持ち同じ~
その、非日常的な空間が町であり、現実では連絡は途絶えてしまう…まさにここもおなじです。
そのことに気がつく時はとても寂しくてやりきれません。
忘れちゃったわけではないのかもしれませんがやっぱり、何かで感じたい。忘れていないという証を感じたい…
私はそうされると自分が寂しい分、人にはそうしないようにしたいと思ってます。
そういったことも受け止められるような強さを持った優しさ、コジサトさんは後一歩というところなんですよ、きっと。友達たちもいつか、気がつくはずです。(と私も信じています)

kojisato さんのコメント...

ちびこまさん>やっぱり、ドイツ(海外)生活が
長くなると、そういうのってありますよね。
今日は、気になるレシピに挑戦して
同居人と楽しくオシャベリしてモヤモヤを
解消しました:)
なんか、ブログに書いた気持ちってある意味
すごく「自己中心」じゃないですか。
それをわかる~と共感してくれて、
どうもありがとう。そういうのって、
とても嬉しいです。

kojisato さんのコメント...

zermoduzさん>留学生と知り合うことが
多い生活は、早く抜けたもの勝ちですよね~。
やはり日本という空間(現実)は、ここ(ドイツ)
とは異次元のようです。
私もzermoduzさんのように
>私はそうされると自分が寂しい分、人にはそうしないようにしたいと思ってます。
と心がけてはいるけど、時々ポキリと
その心が切れちゃうときあります。
またすぐに全力で誰かにお節介を
焼いていると思うのだけど(苦笑)、
一瞬立ち止まると疑心暗鬼。
ダメですね...
なんだか私だけ空回りしちゃって
音沙汰が途絶えた友達。本当にいつか
そんな私に気付いてほしいです。
大人になると「傷ついた!」って言うのにも
うだうだ御託が必要なのが面倒。
zermoduzさんのいう「強さをもった優しさ」があれば
そんなことも気にもとめませんね。
まだまだ修行中です。

ともみ さんのコメント...

私の親友達は年に何回も連絡とって無い子ばっかりだよ^^でもそれぞれの生活の中でそれぞれが精一杯がんばってるの私も彼らも分かってるし、声をかければ時間ができた時に返してくれるからその子達の事で寂しいと思う事はないかなー。でもそれぞれやっぱり付き合い方に違いがあるから、自分の濃度と相手の濃度が違っても、自分の事を忘れてしまっている訳じゃないと思うよ。ふとした時に思い出して、連絡くれれば、それで出会った意味はあると思うな^^ただやっぱり何度もスルーされると悲しいよね。だから私は相手が返してくれる返事のペースに自分の連絡の頻度を合わせるようにしてるよ。自分より高度が濃すぎるのもそれはそれで相手の負担になる事があるからね。kojisatoちゃんと出会った人達はちゃんとkojisatoちゃんの事を思い出してると思うわ^^

kojisato さんのコメント...

ともちん>コメントどうもありがとう。
一度、「何度もスルーしたら、いい加減
私があなたのことが嫌いってことが
分かるでしょ?」みたいな態度を取られた
ことがあって、結構そういったことから
トラウマなのかも。
現実に、このテーマは今になって出た
新しいものじゃなくて、もう数年来、
時々こうやって凹むんだよね。
その人は、どうして突然そういう態度に
出られたのか分からなくて「どうして?どうして?」と
自分の思いつくあたりの釈明とその当時の
自分の状況(ちょっと大変だったの)を
説明したのだけど、それすら「ウザ」かった
みたいで、公の場でそれを言われてしまったのよ。
「スルーすれば気付くでしょ」って...。
基本、人のために尽くしてしまうところ
があって、人に甘えることがなかなか
出来ない...
ワガママかもしれないけど、いつも誰かの
ために突っ走っていると時々疲れて
ポキリと心が折れてしまうことがあるのよ。
>自分より高度が濃すぎるのもそれはそれで相手の負担になる事があるからね。
この言葉、痛いなあ~。
なるべく返信とかは迅速にすませるように
しているけど、同時に同じことを相手から
期待しちゃだめだよね。