2009-03-03

愛情表現とキス&ハグ文化


先週からチョロチョロと始まった、ORIGAMI週間

3月20日の"Opa & Oma Tag"(オジイチャン&オバアチャンの日)に向けて、子どもたちは毎日歌の練習。

招待状も、今日無事20部完成しました!

kojisatoが用意していたORIGAMI作品、一番人気は「ねこ」でした。

真っ赤な唇のネコちゃん、一匹貰っちゃいました。

家に帰っても、大小様々なネコを折って練習してきたザリーナ。一番出来の良いのです:)

その横に、黒~く丸いもの...

洋ナシの種です。

幼稚園の先生は、お昼ごはんを食べる...のではなくて、「味見」という名目で、小さなお皿に盛って食べます。

主役は子ども。ちょうどこの日のデザートが洋ナシで、先生の分まで洋ナシがなかったのですね。

そうしたら、同じくザリーナからこの種を貰いました。

コレを植えて、水をやって...

そうしたら、kojisatoも一杯洋ナシが食べれるよ!

って:)

ちょっと時間がかかりそうだけど(苦笑)、有難く頂きました。

子どもからの精一杯の心配りって、可愛いです。

それから、kojisatoが毎朝好きな場面。それは、幼稚園に連れてくるパパ&ママとのお別れの時の

ハグやキス。

イマドキの日本の幼稚園事情は分からないけど、kojisatoの時、男の子も女の子もママにCHU!としてお別れ...なんていう場面みないですもんね。

ギュッと抱きしめて、チュ!

窓から見えるパパ&ママに大きく手を振って、見えなくなるまで投げキッスというのも可愛いです。

kojisatoは「キス&ハグ文化」に育ったのではないので、キス&ハグ下手です。

週末、モニママがちょっと大変なことになっている...ということに察知は出来ても、上手く言葉でも取り繕えないし、そんなときに上手にハグ出来たら、言葉なしでもきっと気持ちが伝わるのに...なんて思いました。

Pa-pandaに対しても同じく、人前でキス&ハグなんて恥ずかしい!と、あえて冷たい態度に出たり、電話口でchu chu chuと言ってくるPa-pandaを、サラリと流しちゃったり(照れ隠しですな)しちゃうけど、ちょっと素直に「キス&ハグ文化」を受け入れてもいいかもしれないですね。

kojisato---------!と、駆け寄ってきて、ピタっと抱きしめてくる子どもたちは暖かくて、本当に愛しいです。

真っ赤なルージュのネコちゃん、ちょっとkojisatoを素直にしてくださいな。

6 Comment:

ともみ さんのコメント...

私はキスもハグも大好きでっせー^^(あれ、関西人??)

まー、キスはマーチンとマーチンの家族としかしないけど、ハグはしまくりね!日本の友達は引きまくりね!^^ふふふ。

この頃、ハグだけじゃ、この愛が伝え切れてない!って友達にもほっぺにキスしたくなる時があるくらい^^ま、ここは自制することにするわ^^

riecchi さんのコメント...

あたしもだいぶ慣れたよー、この文化:)

ポーランドの家族とは基本ハグです。クリスマスのときはキスもしたけど。でも、ポ人のハグって、ほんとに心がこもってて、すっごくつながりを実感できる気がするよ。

オーストリアは基本2回ほっぺにキスが挨拶だけど、ハグもついてきたりするねー。(握手しながらが普通?)ドイツもチュ、チュ、する?

日本に帰って、親や友達と、ばいばーいってするだけが物足りなくなってきた今日この頃です:D

Kiki und Noix さんのコメント...

ドイツの子供達って、大きくなってもほんとに親からたくさんハグやキスをたっぷりされて育ちますよね。

子供だけじゃなくて、大人同士でも、例えば親戚や義理のお姉さんにとかでもしますからね。

ドイツに来て最初の頃は「あっ、今するのかな?おっ、キタ!右から?左から?あれっ?どうしよう、正面になっちゃった!!」って内心焦ってました。あれを習得するのは結構時間がかかりませんでしたか?

それにふと気を抜いてると、日本人としての素の自分が出るため、挨拶をしてから相手が待っている感じだったのに「ハッ!」っと気付いた時には時すでに遅しでタイミングを逃して「しまった…」と一人反省したり。

でも私はこの習慣が好きです。やっぱりハグやキスをすることで、そんなに親しい間柄の人じゃなくても早く仲良くなれそうな気がするし、あったかいから。あと握手も、ただ礼をするだけよりも肌のふれあいがあっていいなと思います。

彼と一回、日本ではカップルはハグやキスを人前ではあまりしないという話になった時に、日本人の私としては当然「それは恥ずかしいことなんだよ」と言ったら「じゃあどうやって愛を表現するの?」と返されて、なかなかわかってもらえないことがありました。

う~ん、冷たいんじゃなくて、文化が違うんだよ~~~…。ヨーロッパ人の目にはどうしてもそう映っちゃうんでしょうね。

kojisato さんのコメント...

ともちん>そうだ、ともちんはキス魔だったね!
Pa-pandaの家族とも「されてする」けど、
自分からはしないなあ...
でもそれが、「清楚なお嬢さん」という
イメージを提供しているみたい(笑)

kojisato さんのコメント...

riecchi>ドイツも若い子はチュチュするね。
でも、流行みたいな感じ?
基本ドイツは握手だよ。
ぎゅーーーーーーーーって、握力120%な。
日本で、微妙に手を出しそうになったり
なんか文化と文化の境で中途半端な
動きに出ちゃうんだけど、移行期間
なのかな?
ポ人のハグ、これまたハグ下手だから
私雑巾みたいになってたよ(笑)

kojisato さんのコメント...

kiki und noixさん>「あっ、今するのかな?おっ、キタ!右から?左から?あれっ?どうしよう、正面になっちゃった!!」

コレ、いまだにそうですよ。
オロオロしていた時に、誤ってPa-pandaのお母さんの唇に口が行ってしまいました(苦笑)
初めてのキス!?
時が止まったわ...(まだ知り合って間もなかったし、お互いに)
Pa-pandaはまだ日本に言った事ないけど、
同じことを聞いてきそう。
日本人の友だちの前では、キス&ハグは
見せない私を、少し冷たく見てるかな?
でも、日本人の前だと恥ずかしいですよね~。